日暮里からアキバまで、上野周辺のピンサロ全店詳細

上野アメ横

上野と言えば、アメ横、お花見、不忍池、最近では世界文化遺産に認定された西洋博物館に、パンダのシャンシャン、あとは松坂屋別館である大人のパルコヤ。

夜の街も盛んです。仲町通りから湯島界隈を中心としたキャバクラ、スナック、ガールズバー。さらには

大陸系の怪しい飲み屋にボッタクリ。

性風俗はいかがでしょうか。

激安ソープに箱ヘル、ホテヘル、デリヘル、ピンサロと種類は豊富。しかし、全盛期ほどの勢いはありません。

かつて上野と言えば、池袋、新宿、五反田に次ぐ都内屈指の風俗街でした。しかし、度重なる風営法の改正により店舗型が消滅し、代名詞であったマンヘルも壊滅。いまでは人妻デリヘルが元気に営業中ですが、隣駅にラブホテル郡を要する鶯谷があるので、上野発とはいっても案外、鶯谷に事務所があったりするものです。

そんな状況においてピンサロはどうか。。

これも下火。お上の厳しい指導に加え、学園サロンによる場末の迫害、また今でこそ沈静化しましたが、ぼったくりサロンの影響などもあって、現在は片手で数えるのみを残すだけになりました。

とはいえ、市場としては優秀です。

東北新幹線の発着駅であり、JRに私鉄&地下鉄が織り成すターミナル。乗降数は都内でも屈指で、さらに周辺を見渡しても鶯谷&吉原以外の歓楽街は特になし。

上野・御徒町で軽く飲み、その後サクッと抜いて帰る男性は多くいます。事実、現存するピンクサロンはその恩恵を享受しています。

そこで今日は、上野ピンサロの現状を、周辺地域である日暮里、秋葉原と連携してチェックしてみましょう。

ピュアハート

ピュアハート

マジックバナナ

マジックバナナ

アメ横から昭和通り方面に2本くだる繁華街、御徒町と上野をつなぐ一本道に自社ビルを構え、状況に応じて店名を変えながら上野レモン王国常時2店体制にて営業を続ける上野の雄です。

例外的に仲町通り傍に別店舗(チェリーガール)を構え、時に新橋を巻き込んで3店シャッフルを敢行するなど、移転をきっかけに人材を入れ替え、格安の割引を奨励し、トータル的なマンパワーをもって上野のピンサロを牽引。

割引が適用されなかったり、受付のミスが多かったり、人気嬢の卒業時に法外な指名料を課すなど、運営方針に物申す声も少なからずありますが、それを差し引いても魅力ある女性を揃えるところが大手ゆえのなせる技。

VIP会員のみが知る隠され続けた秘蔵っ娘や予約困難なアイドル嬢など、知る人ぞ知る選ばれし神が存在するのも、下町である「上野レモン」ならではの魅力かもしれません。

コンセプトはOL

初めてのお仕事

初めてのお仕事

OLをコンセプトにしたお姉系サロン。小箱ながらも濃厚で気遣いの行き届いたサービスに定評があります。スタッフの接客も丁寧で、かつては店長さんの人柄に惚れ込んでお客が着いていたほど。

オープンから数年、店長の入れ替わりにより栄華と停滞気を繰り返すも、誠実な接客をベースに指名料込、予約無料というフットワークの軽さを武器に安定した人気を誇っています。

赤羽の刺客、京浜東北線を闊歩

ナナカラーズ

ナナカラーズ

母体は赤羽『レインボー』を元祖とする虹系列。赤羽→東十条と歩を進め京浜東北線を一気に下って上野に進出、2018年1月22日にグランドオープンしました。

独自の求人ルートを構築し、新人の入店率が高い反面、新人とのプレイに制約が多いのも難点。またベタ褒めコメントやランキングの不信など強引な営業手法に批判もありますが、ふるいにかけられて残ったメンバーは確かな実力者揃い。

古参の人気メンを中心に新人の入れ替えで店内を活性化し、そこへ効率のいい割引で集客を図る。アメとムチを兼ね備えた営業手法は、今もっとも勢いのあるグループと呼ぶにふさわしいかもしれません。

ちなみに、トイレがないので利用前に済ましていくようご注意ください。

関連記事⇒『トイレがない…だと… 上野ピンサロ『ナナカラーズ』初日神速体験談

キラリと光る日暮里の宝

宝ジェンヌ

(宝)ジェンヌ

日暮里にただひとつある店舗型風俗にして、唯一のピンクサロン。地域にひとつという特異性からお上の鉄槌を度々受けますが、そのつど系列店に避難し、指定期間の禊を終えて復活する不死鳥のようなお店です。

女の子は20代前半が中心で、一見して派手さこそないものの心優しき下町娘という印象が強く、恋人プレイに長けた女の子が多い反面、都内屈指のエロエロモンスターの存在も確認されています。

無店舗型ピンサロ、略してデリピン

カワハイRリターンズ

カワイイハイスクールリターンズ秋葉原校

ご存知、無店舗型のピンクサロン。デリヘルとピンサロの融合から、「デリピン」と称されています。

かつては池袋や上野、錦糸町他に計5店舗以上の店舗を有していましたが、度重なる行政指導に、思い切って方針転換。法律を遵守したデリバリー型の開業に踏み切りました。

プレイ場所は秋葉原のレンタルルームを使用。他人の視線を気にする必要のない個室になりますが、中身は普通のピンサロと同じ。むしろピンサロ以上デリヘル未満と言ったほうが適切かもしれません。

カワイイの名の下に顔面偏差値の高い嬢を厳選採用し、制服やコスチュームも本物仕様、そのうえで密室を生かしたイメプレを提唱するなど、細部までこだわった店舗運営はアキバ心をくすぐるに十分。

10代女子と密室で2人っきりになりたいときや、普通のピンサロに飽きたときなど、いろいろなシーンで楽しめるお店です。

関連記事⇒『ピンサロの未来がここにある!秋葉原ホテル型サロン『カワイイハイスクールリターンズ 秋葉原校』神速体験談-事前行為編-

日暮里⇒上野⇒秋葉原のまとめ

秋葉原

上野全体を見渡しても風俗業は縮小傾向。往時は10軒近くあったピンサロも、いまは4店舗を残すのみ。

代表格はレモン系の2店舗『ピュアハート』&『マジックバナナ』グループの動きに合わせて人材を入れ替えながら常に安定したサービスを提供する優良店です。失敗したくない時は、この2店へ向かうべきでしょう。

次に働くお姉さんがお好きなら、OLサロン『初めてのお仕事』がオススメ。色気溢れる気遣いのある接客が魅力、指名料込&予約無料の料金設定も嬉しい限り。

そして、上野最新店舗『ナナカラーズ』も捨て置けません。2018年1月オープンの新店ですが、赤羽からの刺客としてストップ ザ レモンを提唱(してほしい)。求人力に秀でるため、ド素人の体験入店も多々あり。割引率も高いので、上野で遊ぶときは要チェック!

このほか周辺地域にも見逃せません。

日暮里には地域唯一の店舗型風俗『(宝)ジェンヌ』が存在。総武線に姉妹店を多く抱える人気の学園サロンで、心優しき下町娘が多数在籍。プレイでの地雷率はかなり低い(という経験則)。

秋葉原からは近未来のデリピン『カワハイR』がオススメ。10代カワユスと個室で遊べるアキバらしいお店。コスチュームのクオリティも高く、イメプレ好きなら間違いありません。

このように全体的な数こそ少なめですが、大手から中堅、最新型のデリピンなど個性的なお店が揃います。

下町から電脳の街まで風情ある景色が続き、飲み屋から電気街、動物園や博物館に観光施設など時間をつぶせる場所も多数存在。

散歩に買い物、食べ歩きに美術鑑賞など、ピンサロついでにいろいろデキル上野で素敵な出会いをお楽しみください。

ページトップへ