新宿ピンサロ『にゃんパラ』研修解禁、期待の新人が現れたっ!

「だんな」です。

いつもは上野にいるオキニをメインに楽しんでます。新宿にもオキニがいるのですが、なかなかスケジュールが合わず。

そこで、今日は気分転換と新規開拓も兼ねて、気になっていた新宿『にゃんパラ』へ突入してきました。

どうぞご参考ください。 

パネル通りの細身にゃん娘


久々のフリーなので、ドキドキでした。心の中で、あの娘だけは止めてくれ!と祈りながら待つこと5分。

その間、コールが鳴りっぱなしですが、、呼ばれる名前が下の名前ばかり。パネルやHPは上の名前なので、コールと嬢が全く一致しません。

これも『にゃんパラ』の策略かと勘ぐってしまいます(笑)

そんなこんなで翻弄されつつ、待つことしばし。

「こんばんは~」と嬢が登場しました。

ん?この娘は??

パネル写真を思い出せませんが、悪い印象はありません。細身で可愛い娘です。帰りにパネルにて確認しましたが、パネマジはほぼ無し。

他愛もない会話をしてると、嬢から顔を近づけてきて、キス!

軽いキスですが、徐々に舌を絡めると応じてくれます。嬢からはあまり舌を出してはくれませんが、そこそこなDKです。

ぐっと腰を抱き寄せると跨がってくれます。DKを楽しみながらブラを外します。微乳が露になり、軽く撫で回します。

「耳が気持ち良いなー」と呟くと、耳舐めもしてくれます。

こちらが乳首を舐め回すと、感じながら耳舐めをしてくれたりします。

次第に乳首が立ってきます。吐息が漏れて軽く鳴き始めます。手は背中やお尻、内腿なとなで回し、下を脱いでもらうと手入れされたパイパンに近いアソコが登場。

仕込みはない感じで、クリを撫でると少しずつ濡れてきます。

「中と外どっちが良いか」と確認すると「ナカ派」とのこと。

ヌルッと滑り込ませると、先程より荒い息づかい。こちらのアソコもパンパンなので、下だけ脱衣すると、おしぼりにアルコールを含ませフキフキ。

裏筋側に嬢の舌が絡む、とても気持ちの良いフェラです。

こちらへの乳首舐めや玉舐めなどは有りませんでしたが、自分はそれほど求めて無いので問題ありません。

おそらくリクエストすれば嫌がらずしてくれそうでした。69もOKだと思われますが、定かではないことご承知ください。

フェラの最中に指入れしをすると、たまにキュッと締まりが良くなったりするので、やたら興奮します。

指一本でこんなに締め付けられるなんて、超気持ち良さそうだなーと、いけない想像を働かせます。

膝が曲がった状態だったので、体勢を変えて受身に専念し、5分前コールで無事発射。結構長めに受け止めてくれました!

こちら優先の処理で軽く拭いた後、口に出た分身を出してもう一度念入りに拭き上げてくれました。

 

初猫園を総括


名刺を書きに退席、戻ってきたら…

「もうちょっと時間ありますよ」

「じゃあキスしてよっか~」

数回のキス後、終了のコール。出口まで手をつなぎ、お別れのキスをしてサヨナラとなりました。

フリーはちょっと怖かったですが、コスパはまずまずです。

嬢に関しては入店一ヶ月半位なので、テクなどはこれからですが、接客や会話は合格レベル。たまにはフリーも良いと思った、初の『にゃんパラ』でした。

ちなみに後で分かったのですが、この日から指名可能になったばかりの研修解禁初日だったようです。

再訪率


【女の子評価】:良い

【店舗総合評価】:再訪確実

管理人より


今年の春に入店した新人のひとりですね。店プロフを見る限り、新人の中でも力を入れているように感じましたが、それも納得の内容でしょうか。

ルックスが優れているようなので、あとはプレイですね。今のままでも問題ありませんが、本指名をもらうにはあとひとつ、ふたつ武器があれば良さそうですね。

最近の新宿は新二強『ノア』と『ベイビーガール』が目立ちますが、『にゃんパラ』も決して忘れてはいけない存在、そう再認識いたしました。

「だんな」さん、どうもありがとうです。またお待ちしてますね。

にゃんパラ
にゃんパラ 新宿を代表する人気ピンサロ。オープン当初はセクシーランジェリーに猫耳というエロ猫がモチーフだったがいつしか普通の制服に。場所柄なのかベテランと学生バイトが混在しているイメージで、トップ嬢になるともはや伝説クラスの人気。激安イベントも定期的に開催されており、1年に1度の周年記念祭は100人以上の行列ができる。
42
同志体験談から遊ぶべきエリアやお店を探そう!

応援コメント

ジャンル別 人気記事TOP3

生々しい口コミ

オススメ嬢

トレンド

はじめて遊ぶ方必読!初心者向け

なる前に知る性病対策

秘密だった業界談話

最新!新店移転情報

みんなはどう思ってる?嗜好調査

動向を探る天声ピン語

新着記事

ページトップへ