大塚『ウルトラトーキョー』3密の受付をくぐり抜けロリぽちゃ巨乳と濃厚すぎる濃密接触

投稿者:ポケットモンスター 利用日:20年4月下旬

コロナショック真っ只中、外出自粛要請期間も長くなりました。

気づけば4月末です。営業している各店は5月のイベントの更新を始めましたが、コロナで客足が鈍るのを懸念してか割引の充実で集客を狙う作戦のようです。併せて、出勤嬢を減らして待機発生を減らす措置も取っているように思えます。

また、営業時間を繰り上げ、夜は早めに閉めることで利用客の減る時間には店を閉める対策をする店舗も増えました。

私も不要不急の外出は極力しないようにしているため、4月のピン活はここまでわずかに2回。

投稿済の新橋『ももかん』と、未投稿のフリーでギャル系ランカーを引き当てたものの満足に程遠い結果となった上野『マジックバナナ』です。

このまま4月を終えてもいいのか? GWは仕事もないから外出ついでに遊びに行くなんて出来ないんだぞ?

自問自答をしていると、客先から来訪して説明をしてくれと要請されました。

このコロナショックで、訪問営業は遠慮すべきというケースが激増していますが、要請されては行くしかありません。内容は言いがかり的なクレームでしたが、説明するとあっさり納得してもらえ、さすがに時節柄、世間話するのもあれなのでと早々に退散。

そして、この客先というのが 新大塚だったのです。

池袋まで1駅、、、行くしかないんじゃね?というか、池袋まで電車に乗るより大塚になら歩いて行けるじゃん!

管理人さんの呼び掛けに反応して割チケをいただいたものの、自粛で行く機会を失ったままでしたが、いい機会とばかりに大塚へ行くことに決めました。

ちょうど管理人さんが夜の大塚の状況を記事にしていたので、私は昼間の大塚を見てみようと思います。

新大塚から大塚まで街並みを観察しながら歩きましたが、普通に人が歩いています。休業している飲食店もありますが、営業している店舗も多々見受けられました。

ビックリしたのは大塚駅南口の広場です。なんでこんなに人がいるの?っと思うくらい、多数設置されたベンチはすべて人で埋まり、座れずに立っている人までいました。

広場を素通りし、駅を通って北口へ。付近は静まり返っています。

賑やかなのは南口の周りだけのようです。

『ウルトラトーキョー』へ向かうと都営荒川線の遮断機のない踏切が、人がいないだけ余計にシュールに感じました。

受付待ちにソーシャルディスタンス

薄暗い地下へ降りると受付待ちの同志が数名、ランカーの出勤がほぼなかったにも関わらず、本指名が続いていました。層の厚さが伺えます。

私は遊んだことのない嬢ばかりだったので「 初めて来たのでフリーで」という策を取りました。

以前にも書いたことがあるかと思いますが “ 初めて”というのがポイントです。店側は新規客をリピートさせたい傾向にあるので、サービスの良い嬢を当ててくる確率が上がる気がしています。

待ち時間は40分ほど、元々シート数が少ない店舗です。このとき出勤は6名だったので、この状況下において繁盛していると言ってもいいでしょう。

こんなときなのに、いや、こんなときだからこそ遊びたいというものなのでしょうか。

コロナ感染への恐怖は皆同じです。しかし、先の見えない状況に自粛も限界ということなのかもしれません。

HPを見せ4000円を払います。

オールタイム4000円となっていたので、遅い時間ほど割引率は上がります。とはいえ、出勤嬢のほとんどがオーラス出勤なので、早い時間のほうが元気であろうと推測しました。

予約券と一緒に、「5月以降7月末まで使えるフリーパス」をもらいました。オープンから17時59分までは4000円、18時からLASTまでは5000円という内容でした。

お得ではありますが、現時点の割引が継続されるのであれば意味はありません。かろうじて7月末まで使えるようなので、コロナショックが落ち着き、普通に遊べるようになればフリーパスも活躍の道があると思いますが、、、どうなることやら。。

外待ちの40分でピンサロ各店がある北口付近を徘徊しましたが、寂しいものですね。

営業している店もあるんですが、とにかく人が歩いていない。人目を気にせず入れるという利点以外は何もありません。

『ウルトラトーキョー』に戻ると、この時間も受付待ちの列が出来ています。

遊びに行かれた方はわかると思いますが、待合室はなく階段下に置かれた数個のイスが待機場です。そのため受付待ちが階段に並ぶので、 階段付近は3密状態。

嬢との濃厚接触は大歓迎ですが、利用者同士での濃厚接触だけは避けたい。なんとか対策が取れないものでしょうか。

ウソも方便

ほぼ時間通りに呼ばれ、前回同様にマウスウォッシュを口内に数回吹きかけてからシートへ案内されます。

周りのシートからは嬢たちの喘ぎ声が聞こえてきます。責めを楽しんでいる同志が多いようです。

私のシートに嬢の名前がコールされましたが、予定しての訪問ではなかったため、誰が出勤しているかも把握しておらず予備知識なし。

嬢が来るのを待ち、まもなく嬢が登場しました。

…やられた、、、そう思わずにはいられません。なぜならイベントのナース服が体型をごまかせていまないのですから。

明らかにちょいぽちゃで、どこにでもいそうなロリ系の普通の子です。

嬢はにっこりと笑い自己紹介。後ろの通路を歩くスレンダー嬢が目に入り、体型の差にため息が出そうになりましたが、そんな素振りは見せずに「かわいいね」と褒め称えます。

嬢にやる気を出してもらう、私が満足を得るにはそれしかないのですから。

・初めて来たことを告げ (ウソ)

・どんな子がいるかわからないから指名なしなしたけどこんなかわいい子が来てくれてラッキー(ウソ)

・ナース似合ってるね(ウソ)

自分でもよく言うよと思うくらいに褒めますが、嬢は気をよくしてくれ「初めて来たなら来て良かったと思えるようにがんばっちゃうよ」と言って、私の手を取りおしぼりで拭いてくれました。

手を拭き終わると私に跨りディープキス。しかも、私の歯茎までも舐めるかなり積極的なもの。

おそらくこの日の出勤で1番のぽちゃ嬢が着いたとは思いますが、キスで判断する限りはサービス面では満足を得られそうです。

キスをしながらおっぱいを触るとなかなかのボリューム。ナース服は生地が薄めのため乳首の位置がはっきりわかります。

着衣のまま乳首を摘まんでみると、嬢も私の股間を弄りながら呼吸を荒らげ「おっぱい舐めて」とおねだり。

ナース服のファスナーを下ろし、大きめの乳房を露わにして、さっそく乳首を舐めさせていただくと、嬢は私の耳を舐めだしました。

この嬢はちょいぽちゃではあるものの、サービスで満足を得られる嬢であると確信しました。

良サービスを引き出すにはクンニはマスト

嬢に促され早々に全裸になると、嬢もセルフで脱衣をして全裸に。お互い全裸になったところでイチャイチャ再開です。

小柄のため舐めやすいようにと膝立ちしてくれたので、乳首を舐めながら片手でおしりを撫でまわし、もう片手で秘部に刺激を与えます。

同時に複数のポイントを責めたことで嬢も感じてくれたよう、私にしがみついてきました。これが結果としてぱふぱふ状態となり、嬢と向かい合う形で両手でおしりを揉みました。

自然とこの体勢になりましたが、このまま嬢が座ってしまうと禁止行為です。まさにギリギリのプレイ。

目をつけられたくないため嬢に離れるように促すと、嬢は私の片方の太ももに座りました。

これは禁止行為ではありませんが、私のフル勃起した愚息を嬢が握っています。そして、ヌレヌレとなっているパイパンの秘部は私の太ももに密着。

その状態でまたもやディープキス。今度は唾液を流し込んできました。

秘部を舐めていいか確認すると、嬢は笑顔で「 舐めてくれるの?舐めて舐めて!」とシートに横になり股を開きました。

「クンニされるのは好きだけど、 舐めてくれるお客さんは少ない」とのことで、この日も初めて舐められるとのことでした。

舐められるのが好きという言葉通り、少し舐めただけで喘ぎ声を発して感じてくれていました。

数分は舐めていたと思いますが、嬢が「おにいさんのことも気持ちよくしてあげる」と言って壁を背に座るように指示をしてきたので言われた通りにすると、秘部を舐めまくったままの私の口を舐め回し、耳をしゃぶり、首筋に舌を這わせ、私の腕を上げると脇舐めまでしてくれました。

ここまで濃厚なプレイをしているのに、フェラはこれからです。唾液をローション代わりに手コキをして、刺激を与えた後にフェラが開始されました。

おっぱいは生き物

全裸になったあとにイチャイチャが始まったため愚息を拭いていません。しかし、ここまできたら関係もないのでしょう。

ロリ系の容姿からは想像がつかないテクニックで、私の愚息をうっとりとした表情でしゃぶってきます。

すると「横になって」と言ってきました。私がシートに横になると口元に乳首を持ってきて 授乳プレイへと場面を変えました。

なんてことのないプレイですが、寝た状態で上から乳房を顔面に押し付けられ乳首をしゃぶる。 こんな単純な行為が、なぜこんなにも興奮するものなんでしょうか。

さらに嬢はわたしの足下に移動し、腰を浮かせるように言ってきました。間違いなくパイズリをしてくれようとしています。

大きめのおっぱいではありますが、パイズリをするには足らないだろうと思ったのですが、甘く見ていました。私としたことがおっぱいは生き物であることを完全に忘れていたのです。

寝ている私に覆い被さるような体勢のため、嬢のおっぱいはボリュームを増し、さらに脇から集めるように集約したため、巨乳化に成功。私の愚息を完全に包んでしまいました。

このパイズリで暴発寸前です。

「おっぱいに出していいよ」とは言ってくれてはいますが、できれば口内に射精したい。でもパイズリは続けてほしい。

可能な限りガマンして絶頂を迎える前にフェラに移行してもらおうと思いましたが、ここでフラワータイムのコールがかかってしまいました。

時間がない、嬢もパイズリのスピードをアップさせたことにより愚息はおっぱいに包まれたまま大量に射精となりました。

最近パイズリで射精に至ることはなかったのですが口内とは別の気持ちの良さでした。

乳房に付着した大量の精子はそのままに私優先で処理してくれ、続いて嬢が自分の身体を拭きました。

先程も記載しましたが、“おっぱいは生き物”をここでも実感します。

私がおっぱいを揉むときはやさしく軽く握る感じですが、嬢が自身で拭くときは力を入れて拭きあげるため形の変化が凄い。

いいものを見せてもらいました。

着衣を済ませ、キスをして名刺を書きに離席。戻ってくるとキャンディーの口移しサービスがあり、その後に手を繋いで出口まで、最後にキスをしておっぱいを揉んでお別れとなりました。

サービスだけで判断すると めっちゃ満足度の高い嬢でした!

カーテンを開けて地上への階段へ向かうと受付待ちの列。狭い階段をすり抜けるようにして上がると、またしても同志が受付へと向かっていきました。

かなり盛況のようでなによりですが、コロナ、コロナでなにかと騒がれている時期でも同志の行動は変わらないということでしょうか…

コロナ禍がフラ系を直撃

そう言えば、『ウルトラトーキョー』にはある変化がありました。池袋『クラブパンチ』から新たに移籍があったのです。

シート数の少ない『ウルトラトーキョー』に嬢を増やす意味があるのか疑問でしたが、その疑問はこの数日後に明らかになりました。

池袋『クラブパンチ』と『ベティ』が統合されたのです。両店のHPには同じ在籍嬢。嬢が増えすぎることにより大塚にも嬢が割り振られたようです。

池袋二店のHPで更新された5月のイベントは同じものとなり、イベントの店名は『パンチ』のものです。

嬢のナンバーは パンチ嬢はそのまま、ベティ嬢はナンバーを変更。 5月1日より『パンチ』にて営業となった、、はずでした。

しかし、なんと、 その日のうちに『パンチ』は休業となり、嬢、スタッフ揃って『ベティ』にて営業となりました。

いったいなにがあったのか?詳細は不明ですが、とんでもない大人の事情がありそうです。

急遽『ベティ』での営業となりましたが、一度『パンチ』として営業するにあたり嬢のナンバーが決定しているので、パンチ嬢はそのままでベティ嬢が変更する運びとなりました。

つまり、 4月末まで『ベティ』に勤務していた嬢が、 5月からはナンバーをパンチ嬢に譲り、 そのまま『ベティ』に出勤という、よくわからない事態になっています。

ナンバーなんてなんでもいいという嬢もいるでしょうが、ナンバーに愛着のある嬢もいます。

店都合での統合が悪い方向に作用しないことを願うばかりです。

なお、『ベティ』と『パンチ』の統合は期間限定なのか不明です。

両店で五店舗(ベティ、パンチ、ポパイ、キャラメル、ミルキーココナッツ)の物件を所有しながら一店舗で営業では家賃だけでも相当な出費のはず。

大手だからという問題では済まされません。今後の動きに注視が必要だと思います。

まとめ

仕事ついでに大塚『ウルトラトーキョー』へ。同志の密をぐぐってフリー宣言、見たところぽっちゃりさんが現れました

スタイルこそ好みではないのものの蓋を開けてみれば超濃厚接客。ホスピタリティもあり、受身の感度も良く、最後は動くパイズリで暴発

池袋の旗艦店が統合するなど、新型コロナの影響は最大手のフラ系をも巻き込んでいる

投稿者はこんな方

☆ポケットモンスター

⇒ピンサロに対する考え、遊び方、定義など多くの方に影響を与えつづける業界のインフルエンサー。お店に対しても女の子に対しても、良いことはイイ、ダメなことはダメ!と伝える的確かつ愛ある意見のレポは非常に参考になる。特にイベント体験レポは勃起不可避の特濃レポ多し。

過去の記事一覧はコチラを参照⇒「 ポケットモンスター投稿レポート一覧

大塚ウルトラトーキョー

大塚ウルトラ東京

超人気学園サロン
フラット 照明明るめ 遮蔽率高め
生理告知あり

寸評:2020年1月オープン、これまでの慣例を破る大塚進撃。母体はクラブパンチ単体で、パンチの内部独立との見立て。小箱で席数も少ないため、待合室がなく、店員の巡視が少々気になる。移転時の保険店舗にはなりえない広さでもあるため、周辺の場末サロンとの兼ね合い含め今後の立ち位置に注目が集まる

http://otsuka-ultra.tokyo/

ウルトラトーキョー
ウルトラトーキョー 2020年1月オープン、これまでの慣例を破る大塚進撃。母体はクラブパンチ単体で、パンチの内部独立との見立て。小箱で席数も少ないため、待合室がなく、店員の巡視が少々気になる。移転時の保険店舗にはなりえない広さでもあるため、周辺の場末サロンとの兼ね合い含め今後の立ち位置に注目が集まる
9
同志体験談から遊ぶべきエリアやお店を探そう!

応援コメント

ジャンル別 人気記事TOP3

生々しい口コミ

オススメ嬢

トレンド

はじめて遊ぶ方必読!初心者向け

なる前に知る性病対策

秘密だった業界談話

最新!新店移転情報

みんなはどう思ってる?嗜好調査

動向を探る天声ピン語

新着記事

ページトップへ