首都圏ピンサロ動静 閉店、移転が続く宣言明けの6月

早いもので2020年の上半期が終わりをつげました。

本来であれば五輪ムード一色、連日オリンピック関係のニュースで日本全国が大賑わいだったはずですが、現実はコロナの話題ばかり。

誰が予測したでしょうか?このような未来を、、、

お陰様でというか、不幸中の幸いか、五輪が延期されたことでピンサロ店は生き残ることができました。しかし、それでもコロナの影響は必死で、経営は かなり厳しいと言わざるを得ないでしょう。

求人市場が開かなければ未来なし

緊急事態宣言が解除され、自粛していた店舗が営業を再開して一ヶ月。

この間、改めてピンサロ遊びを再開した方も多数いらっしゃるとは思いますが、店舗のほうはと言うと、合同営業継続中であったり、まだまだ大きな割引をしていたり、出勤の女の子が少なかったりと、目に見えて厳しいことが予想されます。

もちろん、少しずつ回復はしてきていると思われますが、回復のスピードは想定よりも遅いのではないでしょうか。

それを示す要因として、全体的に 求人(新人)の動きが鈍いのが気になるところです。

キャバクラやホストクラブにカラオケなど、店舗型のお店でクラスターが発生している現状を見れば、メイドカフェやガールズバーとして求人の獲得を目指すピンサロに、人が集まりにくいのは致し方のないことかもしれません。

ただそうであったとしても、結局のところ新人さんが入らない事には尻すぼみ。新しいものを求めるのは人間の性であり、それこそ射幸心を煽る性産業の根っこなのですから。

求人業界が活性化してこそ、本当の再始動。そのためにはテレワークやWithコロナなどの新様式が根付き、女の子が身バレの危険なく安心して働けるライフスタイルが確率されることが急務なのでしょう。

またこれとは別に移転の動きが活発化傾向にあるのも気がかりです。

五輪が延期されて懸念だったグレー風俗の粛清は暗礁に乗り上げました。しかし、その代わりにやってきたコロナは店舗型のグレー風俗を見事に不況の波へと飲み込んでいきました。

それでもなんとか耐えに耐えて、宣言も開けて、さぁ~これからだ!!そんなときにお上の鉄槌が振り下ろされたらどうなることでしょう。

これを機にお店を畳むことを考える方も増えてくるでしょう。

実際、閉店するお店は増えていますからね…

ということで、直近に起こったピンサロ店のうごきをまとめてみました。閉店においてはこのコロナ禍に知りえた情報含めて掲載しております。

首都圏ピンサロ動静 宣言明けの6月

▼新橋『ラブ&ピーチ

ラブ&ピーチ

⇒同『ももかん』からの移転

▼池袋『ポパイ

ポパイ

⇒同『ベティ』からの移転、いまだ合同営業中

▼亀有『ストバニ

ストバニ

⇒7月1日新規オープン、新小岩『ナッツ』との関連あり

▼池袋『ハニーパラダイス』リニューアルオープン

ハニーパラダイス

⇒東口『ちょこぱ』と西口『新星ぐれふるっ』が合体!!

▼池袋『ぐれふるっ

ぐれふるっ

⇒新宿『にゃんパラ』が完全移籍

-閉店-

▼巣鴨『桜咲』

▼東十条『シューティングスター』

▼赤羽『ナースdeタレントクラブ』

▼錦糸町『ピンクサファイア』 ※一時休業

▼新宿『にゃんぱら』移転に伴い完全閉店

この他、大塚、巣鴨において未確定ですが閉店と思われる店舗が数件見受けられます。こちらに関しては改めて現地を確認したのち発表させていただきます。

同志体験談から遊ぶべきエリアやお店を探そう!

応援コメント

ジャンル別 人気記事TOP3

生々しい口コミ

オススメ嬢

トレンド

はじめて遊ぶ方必読!初心者向け

なる前に知る性病対策

秘密だった業界談話

最新!新店移転情報

みんなはどう思ってる?嗜好調査

動向を探る天声ピン語

新着記事

ページトップへ