目黒ピンサロ『ハニープリンセス』キスと愛撫で濡れに濡れる積極的美少女

この日も東京は雨でした。しかし、仕事も休みだし、それに同志のキモチに報いたい。天気に関わらずピンサロを求めて外出しようと心に決めていました。

狙うお店は、目黒『ハニープリンセス』

こちらのブログでオープンを知り、さらにその告知文から「目黒に行って抜いて来い!」というメッセージ性を感じ取り、初日に参戦しようと計画していたお店です。

しかし、、しかしです。その日は運悪く台風が上陸していました。

テレビからは電車の遅延情報や、台風のときの定番メッセージ「不要不急の外出は避けぐべき」というニュースが流れまくっていました。

自宅の窓を開けてみると、雨風も強く、これでもかといわんばかりに台風が猛威を振るっていました。

そこで、出した結論。。。。今日はやめておこう…

オープン初日の記念価格とはいえ、いくらなんでも雨が強すぎる。万一帰りの電車が止まったりしたら元も子もない。

黒く厚い雲が垂れさがる東京の空へ向かって懺悔の言葉を連ねました。

(ごめんなさい。私はへたれです。台風ごときでピンサロ活動を中止しちゃいました。私は同志失格です、ごめんなさい。さすがに、この状況だからお客も少ないだろう?もしかしたら神速レポもないのでは。嬢の休みも多いだろうし、そもそもこの台風のなか行く人はいるのだろうか)

こんな思いをいだきながら、後ろ髪を惹かれる思いで、大雨の日曜日を家の中で過ごしました。

そして日が明け、台風も関東地方から過ぎ去り、台風一過の月曜日。いつものようにブログをチェックすると…

な、なんと、、衝撃の題名が目に入ってきました。

嵐の門出!レモン系新店 目黒ピンサロ『ハニープリンセス』初日神速体験談!レア出勤痴女に犯されました~

オープン初日の神速レポが掲載されているではないですか!!

あの大雨の中、突撃を決断し、ましてや翌日にアップ。これこそ真の「神速」レポ!!

「おそれいりました」とはまさにこのこと。と、ここで同志の名を確認すると、またしても「ポケットモンスター氏」。

なぜ、またしてもなのかと言うと、私の前回のレポ、『ときぺろエロリアルの裏技を検証 錦糸町ピンサロ『ゴッドタン』ブルマの下は、、、チョメチョメでした』の記事で大変参考にさせていただいた方だからです。

次から次へと私のピンサロ活動へ刺激を与えてくれる同志たち。上には上がいるもんだ。。。

あの大雨の台風の日に突撃し、その日の内にレポまで書き上げ、我々同志に情報提供しようとしてくれる。

この熱い心意気に負けてはいられない、私も少しでも貢献せねば…

そう胸に秘め雨の中 目黒『ハニープリンセス』の前に立っていました。

美少女なのに積極的なんです


「こんにちはー、○○で~す」と明るい挨拶で女の子が登場。

茶髪のロングヘアでかなりの美形です。スタイルも細身でかなり可愛い!

(やった~~~!!今日は大当たりか?あとは内容だけだ!!)心の中でガッツポーズ!

良い感じの笑顔で、目がクリクリして可愛いい!すぐに「膝乗っていいですか?」と膝上に乗ってくれます。そして、有無を言わせず、どんどん舌を入れてくる積極的な濃厚キス。腰に手を回すと腰回りが細くて、くびれもあり、エロい!

濃厚DKを続けながら乳首を服の上から触ってきます。制服のシャツを脱がせると、かわいらしいブラのお披露目。

「胸も大きいね~」

「そんなことないよ~、ブラで盛っているだけだよ~」

甘い声で答えてくれます。

ブラの中が早く見たくなり、すぐにブラを外しにかかります。それほど大きくもなく小さくもなく、ピンク色の乳首がきれいなおっぱい。

片方のブラが外れるか外れないかのタイミングで、思わずむしゃぶりつきます。

「もう、エッチね~。あああ~~ん。」

露わになった両方のおっぱいに対して、片方を舐めまわし、片方で乳首を触るとさらに声が卑猥に。

「あああ~~ん、き、気持ちいいい~。もっと舐めて~」

かわいらしいおっぱいを自分の眼前に寄せてきます。

こんなにもかわいい美形が、目の前でおっぱいを舐められて喘いでいるなんて、こちらの興奮は収まりません。

さらにおっぱいを舐め続けると、声が小さくなり、今度は耳元で「き、きもちいいい~、お兄さん上手」

う~~ん、なんという光景でしょう。

濡れに濡れる敏感娘

ひと通り堪能したところで再度DK。ここで、「お兄さん、服ぬぎなよ~」と。

もちろん、反対する理由はなにもなく、「そうね」と言って、そそくさと全裸に。女の子もそれに合わせるようにスカートを脱ぎ下着一枚に。

そして向かいあって座ると再びDKし、いつの間にか用意していたおしぼりで、自分のジュニアを拭きはじめます。

「痛かったら言ってね~」と言いながら、DKをしながら、ジュニアをゴシゴシと拭きあげます。

ちょっとだけ痛みもありましたが、この何かをしながらジュニアを拭いてくれるスタイルは、仕事感?みたいなものがなくて興奮します!!

拭き終わると今度は乳首を攻撃してきます。対抗するように、下着越しにアソコをさわるとかなり熱くなっています。

下着だけ脱がなかったので生理だと思っていたのですが、どうやら大丈夫のようです。いちおう「手を入れていい?」と聞いてみると、「早く触ってよ~、お願い!!」ですって。

こんなお願いされて、断る男がいるでしょうか。

下着を脱がせると、すぐにシートの隅に寄りかかって脚を開いてきます。先ほどは打って変わった表情でこちらを誘うように見つめてきます。

もうすべての理性を失いました。

再び乳首を舐めあげると「あ、あああ~ん」とかなり大きな喘ぎ声。右手を下ろして、秘貝に触れてみると、ぐちゅぐちゅ状態でした。

「舐めてほしい?」

「…ウン」

無言でうなずきます。

M字に開いた両足をさらに広げて秘貝を舐め上げると、「う、うう~ん」と先ほどとは音色の違う喘ぎ声。口元を手で押さえつけ、声がでないように我慢しているようです。

秘貝からはどんどん液が溢れてきて、ぐちゅぐちゅ洪水のようです。そのまま中指を入れると、一気に吸い込まれていきます。

「大丈夫?」

「気持ち、、、い、、い」

エロ顔でこちらを見つめてきます。

その後も秘貝を舐め続け、中指をゆっくり出し入れすると、「う、うう~ん、もう気持ちよすぎ」と嬉しい反応。

シートを見ると、体液が相当こぼれていました。

お互いいったんストップして、シートをおしぼりで拭いてから攻守交代です。

奉仕はまだまだ成長途上、それでも十分な逸材です

足の間に入りこんできて、ジュニアにパクリ、そして手コキが始まります。ちょっと展開が早くて味気無さを感じるところもありますが、ここは若さということで。

手コキも強い感じがするため、手コキは止めてもらい、フェラのみに専念してもらいますが、これもまたちょっと強い。するとこちらの状況が分かってくれたのか、充分な幅があるゆっくりとしたストロークに変えてくれました。

フェラをしながらクリクリとした目をこちらに向け、時折笑顔を見せてきます。美形で笑顔が素敵な女の子が自分のチソコを舐めているなんて…

さらにその先に見える背中からお尻にかけてのくびれラインがエロすぎます。

背中に手をのばすと、くすぐったいのか、ジュニアを咥えたまま、背中からお尻にかけて、くねくねと身体をよじらせます。

もう、快感以外のなにものでもありません。

「あっイキそう」と言うと、ジュニアを根本で固定しながら今日一番の上下運動が始まり、耐えきれずにたっぷりと発射。

女の子は出切ったのを確認すると、「いっぱい出たね~、痛くなかった?」とに吐き出し、再びクリクリの目をこちらに見せてにっこり。

処理は嬢優先ですが、ここも若さということでご愛敬。

お互いに服を来て手を握り、きれいなおっぱいを触ったりしながらお喋り。そして、名刺を書きにいったん退席します。

戻ってきたら名刺を受け取り…

「本当に今日は気持ちよくしてくれて、ありがとね。また早く気持ちよくしに来てね」とDK。

手をつないで入口付近までエスコートしてからも、「じゃあね、また来てね」とDK!!

かわいらし目をぱちくりとさせながら、小さく手を振りお別れです。

またしても満足のいく女の子に出会うことができました。『ノア』に比べてなだらかな階段を上り、満足感いっぱいで目黒の雑踏へと吸い込まれていきました。

再訪率


【女の子評価】 非常に良い

【店舗総合評価】 再訪確実

管理人より


「けんたろう」さん、ありがとうございました。粋に感じて初日に参戦しとうよしてくれたのも嬉しかったです。あの天気なら仕方がないですよね。

でも、よくよく考えれば確か翌週も雨でしたよね。二週連続で台風が迫ったときで…『ハニプリ』からすればまさに「嵐の門出」でしたね。

いまはもう安定してすっかり人気店の仲間入りですけど、これだけカワイイ子がフリーで着くんですからそれも納得ですよね。

ハニープリンセス
ハニープリンセス 新宿から派生する形で目黒にオープン。オープン時からこれまで栄枯を繰り返すも、激安メルマガとハイレベルの女子に支えられ人気店の地位を維持する。スタッフによる悪態及び勤怠管理に時短など度々問題にあがる。そのためか2019年秋に本部直轄になったとの噂。
39
同志体験談から遊ぶべきエリアやお店を探そう!

応援コメント

ジャンル別 人気記事TOP3

生々しい口コミ

オススメ嬢

トレンド

はじめて遊ぶ方必読!初心者向け

なる前に知る性病対策

秘密だった業界談話

最新!新店移転情報

みんなはどう思ってる?嗜好調査

動向を探る天声ピン語

新着記事

ページトップへ