蒲田『ハワイ』メガネをかけた女の子

投稿者: イクのはヤツ(嬢)らだ 利用日:2020年3月中旬

天気の良いお彼岸の休日、お墓参りに行く途中、東急蒲田駅の改札口に向かいました。

コンコースを歩いていると、これから出勤なのだろうか、『ハワイ』の嬢らしき女の子を見つけます。

(この嬢を指名したことは、、ないな。確か「お絵描き」がある子じゃなかったかな?)

チラ見していら目が合いました。『ハワイ』の(常連)客だと気付いたような仕草でした。

どうも、「イクのはヤツ(嬢)らだ」です。ということで蒲田『ハワイ』の続報をレポートいたします。

前作記事⇒「数少ない正統派の大衆ピンサロ これぞ最後のエデンー蒲田『ハワイ』

メガネが似合う女の子

『ハワイ』も、コロナウィルスの蔓延により営業時間の繰り上げを余儀なくされる一方で、強気に続々と新人を投入しています。

お陰で長らく指名していた遅番のオキニは「肩叩き」にあったのか?突然、姿を消してしまいました。

プレイの相性も、トークの相性 (トークなんか、殆どする時間もなかったのですが) も良かったのに…

こういうことがあるから、オキニとはできるだけLINEやメアドの交換をしておかなくっちゃなぁ…。

今回は新人ラッシュの中から選抜した、新しいオキニをネタに体験談を書く予定だったのですが、その嬢は「ピンサロ探検隊」を含む、その手のサイトを閲覧する趣味があるようなので、急遽、その嬢がボックスに付くまでの間に見掛けて、この次の利用時に指名した別の嬢との体験談に差し替えました。

嬢はメガネを掛けているので、店内でも一際目立ちます。メガネのケースを持ってボックスに現れ、ボックスに着くと、そのケースにメガネをしまいます。

話しを聞いていると、前職はデリヘルで、客の本番の要求の多さに閉口して、監視が行き届いた店舗型のピンサロに移籍したようです。

対戦したときは、プライベートで出掛けた行き付けのお店のイベントで泥酔してしまい、お目当てだった店員から冷たい扱いを受けて、寂しく悲しかったという話を長々とされました。

決して、「サービス地雷」モードではなく、片手でシゴきながら延々と同じ話を無限ループするといった感じで、よほど誰かに聞いてほしかったのでしょう。

通常のサービスに移るように促しても良かったのですが、ピンサロにいるというシチュエーションを脇に置いて、話しを聞いてあげました。

狙った獲物はしばらく追いかけるタイプ

もちろんしっかりプレイもしています。

受身に関しては指を挿入するだけで痛がるタイプで、この嬢とのプレイでは、クリトリスのみに集中して攻めることにしました。こちらの感度は良好でした。

よく見ると、それなりに美形ですし、長身で胸もちゃんとあります。体の隅々まで手入れされていて、フツーにプレイすれば、ちゃんと指名が取れそうです。

他の同志から見れば間違いなく地雷嬢確定ですが、そこは、「異形のピンサラー」の私。しばらく面白がって指名を続けてみようと思っています。

もしかしたらお店でも継子扱いされて、スグに姿を消してしまう公算が強いのですが…

これだけでは情報として物足りないのでしょうから、もう一つの『ハワイ』名物、フロアに入ってスグ左側にある、丸見えの嬢の待機所についてレポートします。

(上記の消えたオキニも、最初はその構造にビックリしたって言ってたっけ…)

待機場の闇

以前、仲の良かった嬢と待機所の前を通ったとき…

「来た、来た、このバカまた来たぜ!とか思ってんだろう?」

「エエッ、そんなこと思ってないよー」

なんて会話をした記憶がありますが、本来見えてはイケナイ舞台裏が、そこに出現してしまっているといった感じです。

プレイが終わって退出時に嬢と手を繋いで前を通るとき、一心不乱にスマホに講じている嬢や、ブランケットにくるまって目を閉じたまま微動だにしない嬢をチラッと見ると、この世界独特の闇のようなものを感じます。

自分が過去に指名したことがある嬢の見たくもない姿を見たこともあります。

指名のコールが掛かると漸く目を開けて、だるそうにプレイの支度に取り掛かる様子が目に見えるようです。

そう言えば、待機場で嬢同志が世間話をしているのを見たことがありません。待機中に私語は禁止されているのでしょうか。

『ナポレオン』→『ティファニー』時代から在籍しているような古株の嬢だと、嬢同士でレクリエーションに出掛ける機会もあるような話しを確か聞いたような記憶がありますが、新参の嬢同士の会話ってどの程度あるのでしょうか。

仕事の性質上、お互いにプライベートは詮索されたくないだろうし、逆に無言が苦手な子もいるでしょうし、基本的に個人プレイヤーが多そうなので気遣って話し掛けるようなお局様はウザがられたりするかもしれません。

この辺は、次回のプレイの後にでも、そのときに指名した嬢にでも訊いてみようと思います。

以上、『ハワイ』からのレポートでした。あまり中身がなくてすみません。次回からは女の子情報をしっかりお届けいたします。

まとめ

蒲田ハワイの個人的考察、新人嬢の指名を続けてみたり、待機場の話など

投稿者はこんな方

☆イクのはヤツ(嬢)らだ

→蒲田のハワイアン。責め専門のイカせ屋で、トークをしようものなら嬢からクレームが入るという異形のピンサラー。ハワイ情報に期待。

イクのはヤツ(嬢)らだ氏体験談一覧

蒲田ハワイ

蒲田ハワイ

大衆ピンサロ
ベンチシート 店内暗め 遮蔽中程度
生理告知アリ(口頭にて)

寸評:蒲田にある大衆ピンサロ。昭和の伊吹を残す数少ない正統派で、女性は30~40代半ばが中心。男女の睦と呼ぶに相応しい艶めかしいキャバレー風の接客にオヤヂ達の心が躍る。年上好きの青年から40代、50代以上の老年までに愛される、まさにこれぞ最後のエデンである

http://kamata-hawaii.com/

Hawaii(ハワイ)
Hawaii(ハワイ) 蒲田にある大衆ピンサロ。昭和の伊吹を残す数少ない正統派で、女性は30~40代半ばが中心。男女の睦と呼ぶに相応しい艶めかしいキャバレー風の接客にオヤヂ達の心が躍る。年上好きの青年から40代、50代以上の老年までに愛される、まさにこれぞ最後のエデンである
4
同志体験談から遊ぶべきエリアやお店を探そう!

応援コメント

ジャンル別 人気記事TOP3

生々しい口コミ

オススメ嬢

トレンド

はじめて遊ぶ方必読!初心者向け

なる前に知る性病対策

秘密だった業界談話

最新!新店移転情報

みんなはどう思ってる?嗜好調査

動向を探る天声ピン語

新着記事

ページトップへ